葬儀の道具喪章について - 中野区で有名な葬儀社

喪章とは?の写真

喪章とは?

喪章は、お葬式でよく見かける道具の一つです。

お葬式では聞き慣れない言葉や言い回しを使うことが多いですが、喪章もその一つです。喪章は、お通夜や葬儀の際に使用するものです。その名の通り、喪中にのみ使用されるもので、それ以外の場面では使用されません。彼らは広く何世紀にもわたって使用されており、もっぱら黒と白または黒を基調としたデザインとなっています。喪章は、故人の死を悼む目的で着用されます。しかし、最近では、故人を偲ぶことを目的として、故人への弔意を示すために着用されることはあまりありません。むしろ、お通夜や葬儀の際に身につけるのが一般的で、家族の一員であることや遺族であることを示すために着用することが多いです。そのため、喪章は遺族や関係者以外の人(主に式に参列する人)が身につけるものではありません。

また、そのような立場の人でも、通夜や葬儀では喪章を着用しないケースもあります。喪章には大きく分けて2種類あります。リボンタイプのデザインが比較的豊富です。白バラをモチーフにしたもので、黒と白の布を下げて繋ぐ形になっています。安全ピンからは細長い黒布が伸びています。その黒と白の布が円形の花を作り、そこから黒と白の布が垂れ下がります。中央に黒い布を置き、花の周りに白い布を置くと、花の下から布が垂れ下がる。黒い布はリボンのようにねじって留めています。それぞれ形は違いますが、どれも「リボン型」と呼ばれるもので、胸につけることが多いです(腕につける場合もありますが)。全体が黒で作られていることもありますが、お通夜や葬儀の色である白が使われることもあります。彼らは一般的に安全ピンで固定されています。腕章はリボンタイプほどデザインが豊富ではなく、黒い布製のものが多いです(ここでは便宜上「布」としていますが、最近ではポリエステル製のものが多いです)。

また、あまり一般的ではありませんが、腕章の形をした喪章もあり、家紋は白です。この場合、家紋は白で描かれているのが一般的です。一定の厚さで作られており、通常は10cm程度の幅があります。安全ピンで留めることができるものもありますが、現在では喪服を傷つけないようにマジックテープで留めるものが多くなっています。お通夜や葬儀では、女性と男性で使い分けることが多いですが、喪章に関しては男女の区別はありません。

葬儀 中野区