葬儀の道具喪章について - 中野区で有名な葬儀社

喪章の準備方法

喪章の準備方法の写真

喪章は普段の生活では見かけることはありませんが、入手は簡単です。

喪主用の喪章は、葬儀社が用意してくれることがほとんどです。葬儀社に依頼すれば、葬儀社でも用意してくれることが多いです。葬儀社の近くのコンビニや文房具店などで販売されている場合もあります。また、通販でも注文することができます。自分で用意する必要はありませんが、会社組織の場合は、社葬や社員やその家族が亡くなった場合に備えて、事前に用意しておくと良いでしょう。自分で購入できない場合は、葬儀社に依頼して100円程度で用意してもらうことができます(レンタルできる場合もあります)。しかし、法人の場合で、自分で作って手元に置いておきたい場合は、手作りするのが良いでしょう。安全ピンに黒いリボンを付ければ簡単に作ることができます。素材はある程度丈夫で、折れたり、ほつれたり、巻き上げたりしにくいものを選ぶのがおすすめです。葬儀やお通夜は、時代とともに簡素化・多様化する傾向にあります。かつては七日目に行われていた初七日法要や、法要の最後に行われていた精進礼拝が火葬当日に行われるようになったことなどは、時代とともにこれらの儀式が簡略化されてきた例です。しかし、このように葬儀・通夜の儀式が細分化されていく中で、喪章は特別な意味を持っています。実は、喪章は昔から存在していたものではなく、時代とともに風習として浮上してきたものなのです。かつての日本では、喪章の色は黒ではなく白でした。人々は故人を見送るために白を着ていました。夫の葬儀に白を着ることは、一生夫に忠実であること、再婚しないことを意味していたと言われています。この白装束は、喪主と遺族を分ける基準として使われていました。しかし、明治時代以降、喪服は黒服が標準となりました。明治頃から始まったこの黒服を着る習慣は、20世紀に入ってからも続いています。そのため、喪主(遺族)と参列者の区別がつきにくくなったのは事実です。その結果、喪主(遺族)であることを識別するための目印が必要となり、喪章が誕生しました。このようなことから、従来は見られなかった喪章の文化は、明治時代になってから導入されるようになりました。